HOME>info>弁護士なら解決できる問題がある!一人でもう悩まない

素人で解決するには難しい問題がある

生活していると、相続に関する問題や交通事故の示談。また、離婚、財産の相続など、どうしても素人で解決するには難しい問題があります。そのような問題は無理に自分で解決しようとはせず、相続税などの問題は税理士へ。法律が関わってくる問題は、弁護士などの専門家に依頼したほうがスムーズに解決させることができます。

弁護士と司法書士の違いをチェック

法律に関する業務の制限有無

弁護士は、法律に関する業務範囲に制限がありません。一方、司法書士は登記と供託を扱う資格で、一定範囲内の紛争解決業務は行なえますが、あくまで業務が行えるのは法律で定められた範囲のみという制限があります。

合格しなければならない試験が違う

弁護士になるためには、司法試験に合格して司法研修所を卒業し、弁護士会に登録しなければなりません。一方、司法書士になるためには、法務省が実施している司法書士の試験に合格することでなることができます。

弁護士なら解決できる問題がある!一人でもう悩まない

弁護士バッジ

離婚問題や相続問題はその分野に強い弁護士を探そう!

弁護士が業務として担当する問題は幅広いため、すべてを網羅した弁護士というのはなかなかいません。基本的に、弁護士によってそれぞれ得意分野と苦手分野があると思っておいたほうが良いでしょう。そのため、もし、離婚問題や相続問題に直面したときは、問題をスムーズに解決するためにもその分野に強い弁護士を探すことが重要です。弁護士事務所のホームページには、得意とする分野や過去の実績が書かれていることがあります。また、ネット上の口コミなども参考にして、該当する分野に強いと思われる弁護士を探すと良いでしょう。

交通事故の示談はどうやって進めればいい?気になるギモン

相談

示談交渉は自分で行えるのですか?

示談交渉を自分で行うことは可能です。しかし、事故の当事者である自分自身で示談を行うのはおすすめできません。多くの場合、弁護士を雇って示談交渉を進めていくのが一般的であり、示談交渉を円滑に進めるためにもおすすめの方法です。